不倫浮気セックス

健康に気を使いながら充実した性生活を目指します。

出会い系

【40歳人妻バスガイド】期待して会ってみたが…

最近,思い出話ばかりですが,6日後には他人妻とエッチ予定なんですが,今回も,思い出話です。

そう,失敗談。

今回は,出会い系です。

これは,ちょうど8年前の暑い夏のころ。

僕は,メインの出会い系サイトではない,別のサイト,このころ4本のサイトを使っていました(笑)

日記を書いていたんですよね。

エロじゃない,今の気持ちの日記を。

そしたら,共感してくれる人妻さんがいたんですよ。

その人も,とても気持ちの奥深くをつづったんだけど,そうわからない日記。

素敵な人だと思いました。

相手の女性が,僕に日記にコメ寄せてくれるようになり,直接メールをやりとりする仲になりました。

当時,相手は,少しお姉さんの40歳前後のバスガイドさん。
busguide-30019

写真も好感しました。めちゃ,かわいかったです。

でも,この時の写真は,プリクラの写真でした。

当時つきあっている人妻がいることを告白しても会いたいということでしたので,

彼女の職場近くの駐車場で午前9時くらいに会うことに。

心のきれいなかわいい人を想像しながら待っていました。

僕も写真を好感しているので,彼女は僕がどういうやつかわかっているはずです。

駐車場に,彼女のワンボックスカーが来ました。

ん?

なにやら,くちゃくちゃガムか見ながらの,やんちゃなおばさん?

あれじゃないよね?

心の優しい,かわいい人?

と思っていたんですが,

その人でした!!

がむくちゃくちゃのでーんみたいなお姉さまは,苦手な僕。

彼女の車の2列目シートでお話ししました。

何やら,彼女は,旦那が横暴で,やりたくなったら,いつでも要求して,おなホールのように扱って2分くらいで終了しているらしいです。


だから,女性の喜びを知らないって言っていました。

それは,かわいそうと同乗しましたが,ちょっと継続的にお付き合いするには…

ガムくちゃくちゃが頭に残っていました。

でも,足は,きれいで,

「足きれいですね。」

「え?そう?」

足をなでなでしました。

それで,おしまいにしました。

彼女は仕事なので,それで終わりにしました。

そして,2時間後くらいに,お断りのメールを送りました。

彼女は,泣いていたようです。

僕も,ふったくせに,泣きました。

大泣きです。

心根は,とてもやさしい,かわいそうな人でした。

旦那以外に優しい彼氏に出会って,幸せになってほしいです。

失敗というより,複雑な気持ちになった出会い系での出会いでした。


-----------------------------------------
よかったらぽちお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング


【Fカップ37歳】妖艶人妻の騎乗位がやばい!

その日,月曜日が休みの僕は,妻も子供もいないことをいいことに,何しようかなと朝から悶々としていた。

ソープにでも行くかな。いやいや,高い金払って,すぐ発射するのはもったいない。

せっかくの休み,もっと時間をたっぷりと充てられる。

うーん。

登録しているワクワクメールで,アダルト掲示板使って人妻さん探すことに。

「日中,ホテルでまったりと過ごしませんか?」

と僕の方から投稿。

しばらくして,37歳という人妻から連絡があった。

「もう決まりましたか?」

「いえ,まだです。会いませんか?」

「はい。〇〇で待っています。青い服が目印です。」

などとやりとりをし,投稿してから2時間くらいで,車で迎えに行きました。

ん?この人かな?

女性の少し先で車を止め待っていると,こっちを見て,

「つじさんですか?」

「そうです。どうぞ。」

乗り込むと早速ホテルへ出発です。

少し奮発していいホテルへ。

「こんないいホテルでいいんですか?」

「いいんですよ♪」

しばらく,お互いの家族のこととか話した。

そして

「お湯張ってきますね。」

しばらくて,一緒にお風呂タイム♪

妖艶な体つきです。たまりません。

Fカップはある胸は,柔らかそう。

すでにフル勃起です。

人妻も,ちらっとペニス確認して,まんざらでもなさそうです。

湯船につかり,後ろからおっぱいをさわさわ。

「柔らかいねぇ。」

「ん。よく言われる。」

「フェラいい?」

「うん。いいよ。腰浮かせて。」

じゅぶじゅぶ じゅぶり じゅぶり

「う。す すごい。 上手だね。」

「ふふふ。」

じゅぶじゅぶ じゅぶり じゅぶり
じゅぶじゅぶ じゅぶり じゅぶり
じゅぶじゅぶ じゅぶり じゅぶり
じゅぶじゅぶ じゅぶり じゅぶり

「はぁ はぁ はぁ。やば。出そう。もういいよ。ベッド行こ。」

身体を拭いて,ベッドでエッチ開始です。

軽くキスから始め,首筋を愛撫すると,すごい感じています。

身体をフェザータッチで,なでてあげると,人妻は,

「ん あ あぁん あ あ ああん。」

「感じやすいんだね。」

そして,ゴールドフィンガーによる手マン。

「ああぁぁっ。 き 気持ちいい。いい。ああぁっ。あぁん。」

すっかりメスの顔です。

「気持ちいいの?」

「あぁん あ う うん。はぁ はぁ 気持ちいいよぉ~ん。」

僕も我慢できなくなってきました。

ゴムを装着し,挿入!

それを見て37歳妖艶な体つきの人妻が上になり,フル勃起ペニスにゆっくりと腰を下ろす。

じゅぶじゅぶじゅぶー
_20190809_100456

「はぁんあぁん。あぁん。はぁ はぁ はぁ。」

「はぁ はぁ はぁ。中は熱いね。気持ちいいよ。」

ゆっくり腰を動かします。

挿入後,ちょっとしかたっていませんが,もう射精感が高まりまくり。

まだ,早い,けど,正上位になり理性が吹っ飛び,

じゅぶじゅぶじゅぶじゅぶじゅぶじゅぶ

「あぁぁっ いい いい いく いくよぉ。」

テンポアップ

ぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎし

「あぁっ ううっ う!」

どぴゅーっ どぴゅりん どぴゅん どびゅ どく どく どく どっ

「はぁ はぁ はぁ はぁ。早かったね。ごめんね。」

「ううん。めちゃ気持ちよかったよ。こんなに気持ちよくさせてもらって,ありがとう。」

「はぁ はぁ はぁ え?そうなの?ほかの人はどんな?」

「まあ,ほとんどは,自分一人で発射している感じだね。」

「ははは。そっか。」

ホントに発射まであっという間でした。

たぶん僕だけではないと思うけど,酒も飲んでいない健康体の日中のセックス。しかも,初めて抱く女性には,あっという間に発射してしまいます。

その後,1時間くらい話をして,車で送り届けました。まだ,午後1時くらいです。

金があったら,さらにソープにでも行こうかなといったところです。

それから,この妖艶人妻とは会っていませんが,また会って,今度は,長時間セックスで,あくめを何度も迎えさせてあげたいな(笑)
-----------------------------------------
よかったらぽちお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング


【28歳人妻】掲示板募集して30分後にはセックス♪

今回も割り切りの思い出を書きます。

あれは,7,8年前くらいかな。

いつものように飲み会でビジホ泊り。

デリヘルは〇番にもっていくのがやや面倒な気分なので,出会い系のアダルト掲示板で募集をかけてみた。

今からビジホでまったりと過ごしませんか?

みたいな,まぁそんな上手くいかないだろうなと思っていた矢先,1通返信が来た。

28歳人妻さんからだ!

サイト上でやり取りすると,部屋まで来てくれるらしい。

30分もしたら部屋へ到着!!

思いついてあっという間の出来事。

やや小柄できれいかわいい系の人妻さんだ!

聞けば,幼い子二人のお母さん。

で,〇〇が必要ということで,ちょうど近くにいたもんだからということでした。

家のこともあるので会話もそこそこ,ソッコーエッチ開始!!

愛撫をすると,やや感じている感じ。そこまでは,ない。

なんか盛り上がらないなぁ。

んで,ゴムつけて正上位で挿入!

にゅぷにゅぷにゅぷり,人妻といってもまだ20代なかなかの締まり具合だ!


ギシギシギシギシ ゆっくりと腰を動かす

「んんっ あぅ。あぁっ あっ あっ ん」

さすがにsexは感じるらしい。

頬が赤らんできたのを見て,ピストンペースアップ
19


にゅるり にゅるりん にゅるりん にゅるりん

「あぁっ あん あん あぁっ あぁっん。ん。」

ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし

いつものように初めての相手は,射精感がすぐ高まり,もう粘る必要もないなと思い,発射を決意!

ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎしぎし

「あぁっ あっ あぁっ あぁ んんんあぁぁあああ。」

「はぁ はぁ はぁ はぁ ううっ。」

どぴゅりっ どりゅっ ぴゅる ぴゅる ぴゅる ぴゅる

若妻さんに大量発射です。もちろんゴム付きです。

フィニッシュを迎えると,若妻さんはすぐに帰っていきました。

40分くらいだったかな。

気持ちよかったけど,もうすくし,ゆっくりしてほしいとこでしたね。まあ,自分がすぐに発射したんだけど。

この記事書いているとき,休みで妻子が夜まで帰ってきません。

また,アダルト掲示板つかっちゃおうかなぁ。でも,〇〇が今んとこないから我慢我慢。
キャプチャ








-----------------------------------------
よかったらぽちお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング


出会い系で知り合った人妻が積極的でカーセックス三昧

ワクワクメールで知り合った人妻「みさ」さんのことを書こう。

みささんは,僕より6つ年上だ。サイト上の日記でお互いコメントしあう間柄で,

具体的に会おうとか思ってもいなかったのだが,みささんの方から声をかけてきた。

時間的と距離的に会えるかわからなかったけど,なんと,みささんの自宅は,僕の職場のすぐ近く。

ということで,ちょくちょく会うことになった。

初めて会うときは,それなりに緊張した。

少し年上だけど,どんな感じの人かなぁ。好みのタイプじゃなかったらどうしよう。

ショッピングセンターの駐車場で待ち合わせて,僕の車に来てもらった。

ん?

!!!

(か,かわいいぃ~。)

そう,歩いてきたのは,とてもかわいい感じのする女性。年齢よりも若く見えるし♪

後部座席で,お話して,紳士的にお別れしようと思ったのだけれども,

いい香りとかわいさに負けて。

つい抱き寄せてしまった。

みさは,恥ずかしそうに下を向いたままだけど,そこは人妻の余裕か,拒むことはせず

身を任せている。

ふわっといい香りで,もうダメ!

フェザータッチで,みさの身体をさすり始めてしまった。

ビクン ビクン 

みさは,すごい感じている。敏感だ。

久しぶりの感触なのか。すごい感じようだった。全身性感帯。

「はぁん。はぁはぁ。」

柔らかく抱きながら,軽く唇を合わせると,みさから舌を入れてきた。

レロレロ

もう,僕も頭真っ白だ。夢中でキスをする。

胸に手を当てた瞬間,さっきよりも大きくビクンと反応した。

「はぁ はぁ はぁ」

みさの上着のボタンをはずす,Fカップと思われる胸が飛び出してきた。

ここはショッピングセンターの駐車場。後部座席を倒し,周囲に気を配りつつ,ブラを外す。

張りのある胸が飛び出す。乳輪はきれいで乳首が固く大きくなっている。胸をやさしく揉みながらキスを続ける。乳首に触れ刺激すると同時に,

「あぁっ あん はぁん あ あん。よしき,上手だね。」

「そうでもないと思うよ。みささんが反応良すぎなんだよ。」と言いつつ,乳首を強めに吸った。

「あぁっ あ あ ふぅん。」

「みささん,上になって。」

後部座席で,僕が下,みささんが覆いかぶさってくる。長い髪からふわっといい香りがまたした。

この見上げる体勢が僕は好きだ。

両手でみささんの腰を押さえ,あらわになった両方の乳房にしゃぶりついた。

ビクン ビクン ビクン。

さらに,スカートの上からおしりを撫でまわす。さわさわと じらすように。

ビクン ビクン ビクン。

(すごい反応だ!!)興奮が止まらない。

スカートをまくり上げ,おしりをまさぐる。

「よしきのズボンも下す。」

そう言って,みささんは僕のズボンを下ろした。

お互い初対面ということもあり,ゴムとか持ってきてなかったから,一線を超えないようにこらえていた。
パンツ越しに,みささんのおまんこに非常に硬くなった僕のペニスを押し当てた。

「あぁっん。あぁん あ。」

さらにぎゅーっと押し込む。

「はぁ はぁ はぁ みかさん 気持ちいい?」

「あん。う うん。 あ あ 入っているんじゃない?」

「え?そうなの?」

僕は感触がないけど,きっと少しショーツ越しに入っているんだろう。

そうやって,初めて会ったのに2時間くらい。くっついていた。

いちゃいちゃと。

このパターンを3回ほど経験し,2週間後の4回目に会ったときは,どうどうとショッピングセンターの駐車場でカーセックスするようになった。
_20181127_221527


とにかく,このみささんの反応の良さがたまらな。

そして,優しく「我慢しないでいいんだよ。」と言っていつでも発射を認めてくれる。

その後,ラブホであったとき年甲斐もなく4回発射してしまったこともあった。

また,それはいつか書こうと思う。
-----------------------------------
よかったらポチお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング

【出会い系】sexに飢えた柏木似人妻と過ごすと→大量発射!数回!

ワクワクメールでエッチな関係になった「みさ」とのことです。

人妻の「みさ」は,「柏木由紀」を少し大人っぽくした顔立ちで,もう少し肉付きのいいエッチな体をしていた。

最初は,ワ久メの日記の中でお互いコメントをするだけの関係。

ある時「会いませんか?」とのDMが届き,頻繁に会うようになった。

「みさ」は,だいぶご無沙汰らしく,毎回,凄い感じて昇天していた。

平日に休みが取れた日。眺めのいいラブホで朝から過ごした時のこと。

「よしくん,今日は,いっしょにお風呂入ろ♪」

「いいの?」

「うん。洗うときは見ないでね。」

「わかった。」

泡ぶろにして,先に僕がシャワーで流してから風呂に入る。

「みさ」が体を洗っている間,外の風景を眺めながらお風呂に入っていた。

みさも風呂に入り,僕と向かい合わせになった。

「いい気持ちだねー。」

「ホントだね。」と言ったそばから,胸をもみもみ

「ん。あっ。」みさもほほを少々赤くして,感じ始める。

お互い抱き寄せる。Fカップの胸の弾力がたまらない。

ひとしきり,ディープキスをしてから,下腹部に指を滑らす。

「あっ!」

「みさちゃん,凄い。いっぱい濡れている。」

「だって,欲しいんだもん。」

「もう?」

「うん。入れて。」

正面座位の体勢で,みさのおまんこが僕のフル勃起ペニスを飲み込む。

じゅるん!

「あぁっ はぁ あ あ。感じるっ あ」

「すごい,みさちゃん みさちゃんの中熱いよぉ。」

ゆっくりお風呂でピストンする。

ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷん ちゃんぷん

「あ いい あ あぁっ!」

みさの身体が硬直し僕を強く抱きしめる。

「あぁっ!いく!」

ビクン ビクン ビクン ビクン

「はぁ はぁ はぁ みさちゃん もう イったの?」

「はぁん,気持ちいいんだもん。」

「僕も我慢できないよぉ。お風呂出て。」

そう言って,人妻「みさ」をお風呂の壁に手を突かせ立ちバック!

にゅるりん!

「はぁっ」

凄い濡れようだ。

「鏡見て。ほら。エロいよ。」

「いやぁん。よしくんのエッチ。でも,感じるよぉ。」
sex280032
ぴちゃん ぴちゃん ぴちゃん

「あぁう はぁ はぁ あん あん あん」

みさの感度は抜群だ!

ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ
ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ

「みさちゃん,僕もイっていい?」

「うん。はぁ はぁ い いいよぉ。あ あ 我慢しないで。」

「じゃあ。いくよ。」

ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ
ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ
ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ ぴちゃ

「あぁ あっ いい はぁ はぁ いい。もっと突いてぇー。あぁぁ」

みさが体を起こしぎみに身体を硬直し始めた。

エロい顔と身体,そしてシチュエーションに僕も限界。

Fカップおっぱいも大きく揺れ,おしりをわしづかみにして

一気にスピードアップ。

ぱん ぱん ぱん ぱん ぱん ぱん
ぱん ぱん ぱん ぱん ぱん ぱん

「あぁっ。いい。もっと奥までぇー。あぁぁっ!」

「あぁっ。みさちゃん。僕も,もう限界。く うっ う!」

素早く引き抜き

びゅるん びゅるるっ びゅん びゅぅ ど どくん どくん どく どく ぴゅ

おしりに大量発射!

「はぁ はぁ はぁ。いっぱい出たね。」

「みさちゃんがかわいいからだよ。」


この時,ペニスを引き抜いた瞬間のみさの表情が忘れられない。めちゃ感じていたのに引き抜かないでって気持ちが伝わってきた。

お風呂から出て,軽くご飯食べて,もう2回発射したエロい休日となった。

今では,会わなくなったが,まだサイト上で繋がれる。

これ書いていたら,思い出してムラムラしてきました。また連絡しようかな(笑)

-----------------------------------------
よかったらぽちお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング