不倫浮気セックス

健康に気を使いながら充実した性生活を目指します。

エッチな思い出

【タトゥー人妻】プロ並みに手際の良さでソッコー大量腹出し!!

割り切りの思い出でも書きます。

数年前,僕は,人妻さんと一人もつきあっていない時期があった。

それでも,まだやりたい盛り。

うずうずして,よく出会い系のアダルト掲示板を利用していた。

掲示板を見るといっぱい女の子が誘っている。もちろん人妻も。

なかなか好みに女性(ま,会ってみないとわからないが)は,競争率が高いうえに返事が来ないことも。

サクラもだいぶいるだろうしね。

なので,自分で募集かけていたんだよね。

すると,2,3人の女性から声かけられることが多い。夜でも平日日中でも。

最初に合った女性は,40代半ばの人妻。

平日に休みだった僕は,前の夜から募集をかけていた。

すると寝ている間にサイトメールが来てた。

朝起きて,すぐに返事をし,お昼前に水族館近くの駐車場で待ち合わせ。

すでに一人の女性が立って待っている。「あの人かな?」

車を停めて,「〇〇さんですか?」

「はい,つじさんですね。よろしく。」

身長は,低めでかっちとしたスタイル。ファッションは,特にエロくななく,顔立ちは平均的。

つまり,こんなひとがエロいことをするなんてと思うような感じだった。

ちょくちょく,割り切り出会いをしているらしく,慣れている。

「ホテルは,海沿いの〇〇でいい?」

「いいですよ。」

それで,出発。

ほどなくしてホテルへ到着。

「車はそこに止めて。そこ上がって。」

「うん。」

部屋に入るとしばらく世間話をした。何を話したかは覚えていないけど。

「じゃあ,私からシャワーはいるね。しばらくしたら,入ってきて。」

「うん。」

どんどんリードしてくれます。

入ったら,なんと足はタトゥー。そして,

「きれいにしてあげるね。あ,もうこんなになっているの?元気だね。」

入念にちんぽを洗ってくれました。

「そこに座って。」

スケベ椅子に座らせると,お尻も入念にキレイキレイに。

「ふふふ」

じゅぶじゅぶ ちゅぱ ちゅぱ じゅるん じゅるん

いきなりのフェラ!!

「うぅ。気持ちいい。」

すごい手際の良さ!!

あとで聞いたけど,風俗でも働いていたとか。

納得。

こんな感じで,手際よくサービスを受け。

ベッドでもサービスよし!!

コンパクトボディで,締りもいい!!

正上位から挿入。

「う く し 締まる。」

「はぁん あぁん あん あん はぁん ああ あ ああ ああ あぁん。」

ぎしぎしぎしぎしぎしぎし

「だめだ。もういきそう。」

そうです。初めての人とのエッチは,直ぐに発射に至ります。

ピストンのスピードが上がって


ぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎし
ぎしぎしぎしぎしぎしぎし

「はぁ はぁ はぁ ゴムつけてなかった。はぁ はぁ はぁ。」

「あん あん お腹 お腹に だして はぁ はぁ あぁん」

「いっぱいでちゃうよぉ。」

「いっぱい出してぇん。あぁぁ」

「い いくよぉおおっ。」

ぎりぎりまで締りのいいおまん子を堪能し,素早く引き抜き,腹の上で

びゅるり びゅるっ びゅるっ ど どくん どくん どく どく どく ど ぴゅ じゅる
bukkake041010

「はぁ はぁ はぁ はぁ いっぱい出ちゃったよ。」

「はぁ はぁ はぁ ホント すごいね。溜まってたね。」

そのあと,その人妻が出会ったいろんな性癖持った人の話を聞いたりして,2時間ほどを過ごした。

それから会ったことはないが,コンパクトボディでしっかりボディは,経験上エロい女性が多く,締り
もいいです。

なので,そんな女性を見ると,今でもエロなこと考えています。ははは。

また,アダルト掲示板利用しようかな。へへへ。
キャプチャ1907131








 


-----------------------------------------
よかったらぽちお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング


【19歳デリ嬢】立ちバックをお願いされ大興奮!

今度の金曜日か、来週の水曜日あたりに、デリ嬢を気持ちよくして、本番にもっていこうかなあ
と仕事しながら、今日は、ムラムラしてました。

どうしようかな。

10年前に、19の女の子呼んだら。

立ちバッグを逆にお願いされたのを思い出した❗

十分気持ちよくしたあと,

「入ってもいい?」

「え?うん。ないしょだよ。」

「わかっているよ。」

で,フツーに正上位で挿入すると

「あっあぅ はぁ はぁ ねぇ。好きな体位とかないのぉ?」

「え?まぁ,あるけど。逆に好きな体位は?」

「立ってバックから入れてほしい。」

「わかった。おいで。」

そう言って,ベッドに立たせて,後ろからゆっくり挿入。

「あぁっ あぁ。」

「こう?」

若くて締まりがいい。

「あぁっ 感じるぅ~。エッチぃ~ あぁっ」
_20181219_193246

ベッドがきしむ

ぎし ぎし ぎし ぎし

「はぁ はぁ はぁ。気持ちいいよぉ。」

エロいシチュエーションに僕も耐え切れず,ゴム装着後

ギシギシギシギシ

ギシギシギシギシ
にゅちゃ にゅちゃ にゅちゃ
にゅちゃ にゅちゃ にゅちゃ
にゅちゃ にゅちゃ にゅちゃ
にゅちゃ にゅちゃ にゅちゃ

「そろそろ いくよ。」

「あ あ あっ あん あっ わたしもー」

ギシギシギシギシ
ギシギシギシギシ
ギシギシギシギシ
「あぁっ いい いい いっちゃうー」

「いくよぉ うぅっ」

どぴゅん どぴゅん ど どくん どく どく どく

「はぁ はぁ はぁ はぁ。」

「はぁ はぁ はぁ あぁぅ」

シャワーをして19歳のデリ嬢は,

最後に笑顔で「ないしょだよ」と言い残し,帰っていきました。


また、したいな。

 ↓

アダルトブログランキング

42歳人妻デリ嬢に生〇番〇出し発射!

以前から僕は,性欲が強い方でデリヘルもよく利用している。

デリ嬢を気持ちよくさせ〇番にもっていく。これを信条としている!

と大げさに書いているが,つながりたいのだ。エッチがしたいのだ。

前回呼んだデリ嬢「川畑」は,40代前半の人妻さん。おとなしめのスタイルのいい女性だった。

飲み会でビジホに泊まり,ついついデリに電話。

そして,そそくさとシャワーを浴び,歯を磨いて待っていた。30分ほどで川畑は来た。

「こんばんは。」

「こんばんは,よろしく。」

80分コースを選択し,料金を渡す。

「お客さん,シャワーは?」

「さっき浴びたよ。」

そう言って,まずは横から抱き寄せる。

「私,シャワーしようかな。」

「大丈夫だよ。」

胸をもみながら軽くキスをし,押し倒した。

80分は,僕の中ではあっという間だから,早速プレーに入る。

「服脱ぐね。」

「うん。」

セクシーなランジェリーを脱ぐのを見ながら,僕も脱いでいる。

もう硬くなっている。

川畑の上に覆いかぶさり,いつものように乳首とくりとりすで十分焦らし,

Gスポ攻め。

「あぁっん。気持ちいいぃ~。あっ あっん」

大量のぬるぬるした愛液が噴き出す。

「いっぱい濡れているね。」

と耳元でささやくと,目を閉じながら恥じらいにも似た様子でビクンビクンしている。

(これは,いける!!)

腰を沈め,素知らぬ素振りで生挿入!

「はぁっん。 あっん。 はぁ はぁ。」

熱くなった川畑の中は締まりもよく,気持ちいい!

腰が勝手に動いてしまう!

「ごめん。入っちゃった。いい?」

川畑はほほを赤らめ,目を閉じて静かにうなずいた。

「今度は,上になって。」

人妻デリ嬢の腰遣いはさすがに妖艶でたまらない。

酒を飲んで鈍感になっているおかげで発射しないが,昼間だったら1分で大量発射だ。

ベッドのスプリングを利用して,ガンガンつく。

「はぁ はぁ あぁ あっ い いくぅ~」

ビクン ビクン

ぎゅーっときつく締めあげられる。出そうぉ。

「もう我慢できないよぉ。今度は,僕が上になる。」

正上位で足をあげさせ,Gスポをこすりながらピストン。

「いいっ いいっ 気持ちいい。 あぁっん」

エロい表情を見て,我慢できなくなってきた。
_20181125_160606

腰を制御できない。

「ゴムつけてないけど。はぁ はぁ。」

「いいよ。中に出して。はぁ はぁ」

「え?いいの?はぁ はぁ じゃあ,いくよぉ」

ぎしぎしぎしぱんぱんぱんぱん

「あぁ あぁ い いく いくよぉ。」

「はぁ はぁ あっ 私もぉ いく いくぅっ」
がたがたがたがたっ

「うっうっ!」

どぴゅーっ どく どぴゅ どぴゅ ぴゅ ぴゅ どくん

ビクン ビクン びくん。

「はぁ はぁ はぁ。たくさん出たよ。」

「はぁ。はぁ。お客さん,うますぎ。内緒だよ。」

「はぁ はぁ もちろんだよ。さぁ,抜くよ。ティッシュで押さえるね。」

抜くと同時にたくさんの精液があふれ出てきた。自分でも驚くくらいの量だ。

その時だけの関係,デリ嬢といえども気持ちよくなりたい。デリ嬢と客じゃなく。

セックスを堪能する女と男になった瞬間だった。

これが,僕がデリヘルを利用する理由だ。

また,デリ嬢とエッチしたくなった。
-----------------------------------
よかったらポチお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング

出会い系で知り合った人妻が積極的でカーセックス三昧

ワクワクメールで知り合った人妻「みさ」さんのことを書こう。

みささんは,僕より6つ年上だ。サイト上の日記でお互いコメントしあう間柄で,

具体的に会おうとか思ってもいなかったのだが,みささんの方から声をかけてきた。

時間的と距離的に会えるかわからなかったけど,なんと,みささんの自宅は,僕の職場のすぐ近く。

ということで,ちょくちょく会うことになった。

初めて会うときは,それなりに緊張した。

少し年上だけど,どんな感じの人かなぁ。好みのタイプじゃなかったらどうしよう。

ショッピングセンターの駐車場で待ち合わせて,僕の車に来てもらった。

ん?

!!!

(か,かわいいぃ~。)

そう,歩いてきたのは,とてもかわいい感じのする女性。年齢よりも若く見えるし♪

後部座席で,お話して,紳士的にお別れしようと思ったのだけれども,

いい香りとかわいさに負けて。

つい抱き寄せてしまった。

みさは,恥ずかしそうに下を向いたままだけど,そこは人妻の余裕か,拒むことはせず

身を任せている。

ふわっといい香りで,もうダメ!

フェザータッチで,みさの身体をさすり始めてしまった。

ビクン ビクン 

みさは,すごい感じている。敏感だ。

久しぶりの感触なのか。すごい感じようだった。全身性感帯。

「はぁん。はぁはぁ。」

柔らかく抱きながら,軽く唇を合わせると,みさから舌を入れてきた。

レロレロ

もう,僕も頭真っ白だ。夢中でキスをする。

胸に手を当てた瞬間,さっきよりも大きくビクンと反応した。

「はぁ はぁ はぁ」

みさの上着のボタンをはずす,Fカップと思われる胸が飛び出してきた。

ここはショッピングセンターの駐車場。後部座席を倒し,周囲に気を配りつつ,ブラを外す。

張りのある胸が飛び出す。乳輪はきれいで乳首が固く大きくなっている。胸をやさしく揉みながらキスを続ける。乳首に触れ刺激すると同時に,

「あぁっ あん はぁん あ あん。よしき,上手だね。」

「そうでもないと思うよ。みささんが反応良すぎなんだよ。」と言いつつ,乳首を強めに吸った。

「あぁっ あ あ ふぅん。」

「みささん,上になって。」

後部座席で,僕が下,みささんが覆いかぶさってくる。長い髪からふわっといい香りがまたした。

この見上げる体勢が僕は好きだ。

両手でみささんの腰を押さえ,あらわになった両方の乳房にしゃぶりついた。

ビクン ビクン ビクン。

さらに,スカートの上からおしりを撫でまわす。さわさわと じらすように。

ビクン ビクン ビクン。

(すごい反応だ!!)興奮が止まらない。

スカートをまくり上げ,おしりをまさぐる。

「よしきのズボンも下す。」

そう言って,みささんは僕のズボンを下ろした。

お互い初対面ということもあり,ゴムとか持ってきてなかったから,一線を超えないようにこらえていた。
パンツ越しに,みささんのおまんこに非常に硬くなった僕のペニスを押し当てた。

「あぁっん。あぁん あ。」

さらにぎゅーっと押し込む。

「はぁ はぁ はぁ みかさん 気持ちいい?」

「あん。う うん。 あ あ 入っているんじゃない?」

「え?そうなの?」

僕は感触がないけど,きっと少しショーツ越しに入っているんだろう。

そうやって,初めて会ったのに2時間くらい。くっついていた。

いちゃいちゃと。

このパターンを3回ほど経験し,2週間後の4回目に会ったときは,どうどうとショッピングセンターの駐車場でカーセックスするようになった。
_20181127_221527


とにかく,このみささんの反応の良さがたまらな。

そして,優しく「我慢しないでいいんだよ。」と言っていつでも発射を認めてくれる。

その後,ラブホであったとき年甲斐もなく4回発射してしまったこともあった。

また,それはいつか書こうと思う。
-----------------------------------
よかったらポチお願いします。
 ↓

アダルトブログランキング

【美人】スレンダー40歳人妻に恋してセックス

ワクワクメールで頻繁に人妻とやりとりしてた頃の話。

当時つきあっていた人妻の「ゆき」が若い独身男と付き合っていることがわかり,そのことでぎくしゃくしていた。

エッチな人妻だったので,別れることもできず,また恋愛感情もあり,どうにも苦しんでいた。

そんなとき,「そうだ!僕も別の女性と付きあおう♪」という結論に至った。

サイトで,からみのある人妻の一人に目星をつけ,やりとりを続け,1か月後,チャンスが巡ってきて会うことになった。

僕は38,相手の人妻「れい」は40。最初は,仕事の休憩時間にパチンコ屋の駐車場で落ち合うことに。

僕の車にやって来たのは,目を疑うばかりの美女!!スラリとした色白美人。

「あ,はじめまして。つじさん?」

「あ,こんにちは。れいさんですね。つじです。」

声もかわいい♪

1時間ほど,車内で話した。

「つじさんって,落ち着いているね。」

「よく言われるけど。そうでも,ないんですよね。」

「また会いましょうね。」

「よろこんで。またね。」

いやぁ,夢見心地。

この頃は,出会い系には美人しか登録してないのかって思ったくらい,会った女性が好みのタイプでした。

このあと何度か車であい話をしました。

二人でランチデートをし,そして,ホテルへ向かいました。

お互いドキドキしながらも興奮していました。

手足の長いきれいな肌が忘れられません。

胸は,小さめでしたが感度は抜群。

触れるたび,ビクン ビクン 「あぁっ うっ あん。」

下の方は,大洪水です。

くちゅっ

左中指を彼女の洪水おまんこに挿入!

でも,あんまり感じてない様子。しばらくして,クンニへ。

「はぁあっ あぁっ あん。ううぅつ。」

「れいさん。指入れるのとこっちどっちがいい?」

「はぁ はぁ こ こっちだよぉ。あぁぁっう。」

どうやらクリのほうがいい感じです。

たっぷり感じてもらったあとは,フェラ。

美人のお口に含まれるフル勃起ちんぽ。それだけで,興奮が止まりません。

じゅぶ じゅぶ じゅぶ じゅぶ じゅぶ

めちゃ,うまい。

「れ れいさん。うまいねぇ。気持ち良すぎで,出ちゃう。もう,いいよ。」

もったいないですが,発射するわけにはいきません。

そしてゴムを付け,正上位から,にゅるりん。
022

「はぁあぁあっ。 あぁん。」

「はぁ はぁ れいさんの中,熱いよぉ。はぁ はぁ。」

「ああっ 感じるよぉ。よしきの。奥までついてぇ。」

腰をさらに押し付けると。

「あぁぁう ううっ。か 感じるよぉ。」

「はぁ はぁ れいさん。かわいいよぉ。好きだよ。」

「私も。」

ディープキスしながら,次第に激しく腰を打ちつけ

「あんあんあんあんあん。はぁはぁあはぁ。」

「もう我慢できないよぉ。れいさん。いっていい?」

「いいよぉ。私もイクっ!あぁぁぅ。」

「れいさん。はぁはあはぁ い いく いくよぉ!」

びゅるりっ びゅる びゅるり びゅっ どぴゅん どぴゅ どく どく どくん

しばらくつながったままキスをし,抱き合い,すこしうとうとしました。



それから,何度かれいさんとは会ったのですが,半年後くらいに円満お別れいたしました。

また,会いたいんだけどなぁ。はぁ。



 ↓

アダルトブログランキング